ECサイト運営

オリジナルグッズを制作して販売できるサービスを紹介

2022年9月19日

参加型デザインアイテム通販ショッピングモールはグッズを作製して、そのまま直接販売することができます。
商品の発送や、購入者との取引連絡などは提供している運営しているサービス側で行ってくれます。
作る楽しみだけでなく、売る楽しみ両方を味わうことができるので、まだ利用していない方は注目しておきたいところです。

注目しておきたいサービス

UTme!

みなさんもご存知のユニクロが提供しているサービスで、写真または専用のアプリを使い、誰でも簡単操作でTシャツなどの衣類を作れるサービスがUTme!です。

ユニクロの素材なので品質も折り紙つき!
完成したTシャツは購入できるだけでなく、クリエイター登録の審査に通過すればユニクロのUTme!マーケットで販売して報酬を得ることもできます。

ただ、残念なのが購入者は一度に大量購入しても値引きサービスはありません。

SUZURI

SUZURI(スズリ)はGMOパペボ株式会社が手がけるオリジナルアイテム・グッズが作れて販売までできるサービスです。

受注生産方式なのでリスクもなく多種多様なグッズを展開可能なことから有名人だけでなく多く個人がオリジナルグッズを作成・販売しています。

データをアップロードするだけで、ちょっとした収入が得られるのでこの機会にクリエイターデビューをしてみてはいかがでしょうか?

DMM.make

3Dプリンター技術を活用して設計・様々な素材から製造・クリエイターズマーケットで販売までできるプラットフォーム。

販売するには会員登録が必要で会員登録をしている方は、本格的なプロから趣味で利用している個人までおり、自由なものづくりを楽しんで販売しています。

3Dプリンターは大きな可能性を秘めていますので、注目しておきたいサービスではないでしょうか。

Zazzle

Zazzle(ザズル)はアメリカのカルフォルニアでサービスを開始されたカスタマイズ商品を扱う世界最大級のプラットフォーム。

見ているだけでも面白く、作りたいものがなんでも作れそうなほど商品の種類の数が多く重宝しそうなサービスです。

Zazzleクリエイターになれば、Zazzle内で販売し収入を得ることもできます。世界中に発売できるので、デザインに自信ががある方はチャレンジしてみましょう。

BONATHIA

オリジナルグッズの制作・販売サイトBONATHIA(ボナシア)は、2022年に開始されたまだ新しいサービスで株式会社キュボスという日本の会社が運営しています。

スニーカーなど他社サイトではあまり見かけない商品もラインナップされていますので、チェックしておきたいサイトです。

世界200か国以上の発送にも対応しているので、世界中の方にアプローチしたい方は利用を検討すべきではないでしょうか。

clubT

Tシャツを中心にした商品ラインナップが幅広いオンデマンド製造サービスでテレビ番組でも紹介されたことがあります。

オリジナルグッズを作るのは難しいイメージがありますが、データさえ用意できれば驚くほどあっという間に作れます。
しかも、自分でデザインしたアイテムが購入できるだけでなく無料でネットショップを作成して、販売することもできます。

T-SHIRTS TRINITY

グラフィック・オン・デマンド株式会社が運営。

名前から想像するとTシャツ専門と思われがちですが、バッグ、スマホケースなど他の商品も取り揃えています。

一般販売をするにはデザイナー会員に登録をしてマイページからショップを出店する手続きを行う必要があります。

なお、頑張って売上をあげていくと、おすすめショップに指定され優先して特集にピックアップされます。

デザイン百貨店

デザイン百貨店は、購入をしたい一般の方とクリエイターをつなぐプラットフォーム。

ウェブブラウザ上で数千種類のラインナップから名刺がとっても簡単に作ることができると評判になっています。
ただ、競合するネット通販の印刷会社と比較すると料金は高め。

クリエイターとして登録するとオンライン上で名詞・はがき・カード写真、音源などの各種データの発表・販売ができます。

Hoimi

クオリティが高いアパレルグッズを中心に購入、国内だけでなく海外に向けて販売できるデザインTシャツマーケット。
Hoimi (ホイミ)はDS株式会社が運営してます。

デザイナーを目指している方を応援することをコンセプトにしており、審査を通過した方しかデザイナー登録ができないので、販売するには難易度が高めとなります。

デザインに自信がある方はチャレンジしてみては?

豆知識

定価で100万円以上するので個人には現実的ではありませんが、衣類に直接印刷できるガーメントプリンター(ダイレクトインクジェット、DTG(Direct to Garment))を購入するという方法もあります。

まとめ

できるものは無限大です。
イラストを描いたりするのが好きな方は、グッズの製作にチャレンジしてみませんか?
売れるのを楽しむことができるでしょう。

本記事で紹介したオリジナルグッズ制作業者は一部となります。
今回紹介したサービスの他にもたくさんの紹介しきれなかった優良会社があり、製作を承っていますのでオリジナルグッズや記念品を作ってみたい方は相談してみてはいかがでしょうか。

今回の記事を通じてアナタの理想通りのオリジナルグッズが安心して製作できれば幸いです。

-ECサイト運営
-