投資で稼ぐ

暗号資産を購入するのにおすすめの取引所を紹介

2021年12月15日

インターネット上で電子的な決済の手段としてやりとりができ、常に価値が変動するデジタル通貨のことを暗号資産(仮想通貨)といいます。

街中でも暗号資産で支払いのできるお店がだんだん増えてきていることから、「自分も始めてみようかな…」と興味をお持ちの方も少なくないと思いますので、取引所はどこがいいのかをわかりやすく解説していきます。

取引所で口座を開設する前に

暗号資産の代表例は、ビットコインでビットコイン以外の暗号通貨をアルトコインと呼びます。

まず暗号資産(仮想通貨)の取引にはどのような特徴があるのか見てみましょう。

  • 少額の資金で取引ができる
    取引所ごとにそれぞれ異なりますが、数百円から暗号資産を購入することも可能ではじめての方でも気軽に始められることができます。
  • 価格の変動が激しい
    短期間で価格が急変動するので、買いの好機を見極めて上手に投資をすると大きなリターンを得ることも可能です。
  • 24時間365日リアルタイム
    株の取引とは異なり、自身の都合のいい時間にインターネット上で取引に参加することができます。

投資方法としては、「現物取引」「レバレッジ取引」「ポイントサイト」「積み立て投資」「貸仮想通貨サービス」「PoS通貨の保有」といったものがありますが、初心者の方は少しハードルが高いので「レバレッジ取引」はやらない方が賢明です。

暗号資産を購入するには「交換所(販売所)方式)」や「取引所方式」と呼ばれる事業者(暗号資産交換業者)に登録をしてから入手・換金する方法となります。

交換所と取引所の違い

  • 交換所方式
    交換所(販売所)は暗号資産交換業者が直接ユーザーに暗号資産を販売(店頭取引方式)しますので、提示されている価格で取引所からすぐに売買が可能です。
  • 取引所方式
    暗号資産を持っている顧客同士で取引が行われます。
    分かりやすく説明しますと株の売買と似ています。

おすすめ取引所一覧

以下では国内のおすすめの暗号資産取引所を紹介していきますので参考にしてください。

本人確認書類 を準備しておくと早いところだと最短数十分で口座を開設することができますので準備しておきましょう。

Coincheck

Coincheck(コインチェック)は2012年に設立された会社で2014年に暗号資産取引サービスの提供を開始しました。

ビットコイン以外のアルトコイン取り扱い銘柄数が多く選べる幅が広いだけでなくスマートフォンアプリも取引画面やチャートが見やすいと人気があり、暗号資産に投資をしたい方に最適です。
また、親会社は国内証券会社も運営しているマネックスグループで高いセキュリティ対策を行っていることから安心して取引することができます。

現状ではレバレッジ取引はできないので、レバレッジ取引をしたい方は他のところに申し込みをしましょう。

GMOコイン

GMOインターネットグループ傘下のGMOコインは2016年に設立された暗号資産交換業者です。

取り扱っている通過の種類も豊富なのはもちろんですが、ほぼ全ての手数料が「無料」に設定されていてコスト面では非常にありがたい取引所といえます。
また、スマホアプリも直感的に操作ができワンタップで売買が簡単にできることから使いやすいと好評を得ています。

知名度の高い「GMOクリック証券」などのネット証券会社も運営しているグループ会社で金融系のノウハウも豊富なことから信頼性も高く利用しやすいので、この機会に開設してみてはいかがでしょうか。
資金力もある会社なので突然倒産すということもないでしょう。

bitFlyer

国内最大級の仮想通貨取引所を運営しているbitFlyer(ビットフライヤー)は2014年に設立されました。

国内トップクラスの取引量から、多くの投資家が利用していることが推察できます。

国内の暗号資産取引所の中で仮想通貨の種類も豊富にあるので分散して投資したい人にも向いていますし、用意されている取引ツールの画面は見やすくいだけでなく、使いやすく設計されているのでパソコンやスマートフォンからでも、シンプルな操作で仮想通貨の売買することが可能です。

気になるのが安全面だと思いますが経営面・システム面もしっかりしており、はじめての方でも安心してトレードができるでしょう。

DMM Bitcoin

株式会社 DMM Bitcoinは「DMMグループ」を親会社に持っている2016年に設立された暗号資産の取引所です。

レバレッジ取引の取扱い仮想通貨種類(アルトコイン)が多く「手数料の低さ」「取り扱い種類が多い」ことから投資家の間で人気がある取引所の一つとなります。

DMM.comグループの経験で培ったサポートの充実、セキュリティ、テクニカル分析の機能が充実した完成度の高いアプリなど、あらゆる面において総合的に優れている取引所で、現物取引も可能ですが特にアクティブに資産を増やしたいレバレッジ取引をメインに考えているトレーダーにおすすめです。

なお、DMM Bitcoinでは販売所方式でのサービス提供となります。取引所方式での取引は提供されていません。

初心者だけでなく経験者でも納得できる豊富なサービスから投資家の間で特に人気があります。
いずれも多くの投資家に利用されている国内大手の取引所で、初めて暗号資産取引サービスの口座を開設をする方に最適です。

主要仮想通貨の取引所

以下の取引所もチェックしておきましょう。

bitbank

2014年に設立されたbitbank(ビットバンク)はビットバンク株式会社が運営しています。

取引量も多く人気の暗号資産を売買できるだけでなく、セキュリティレポートで安全性の高い評価を受けていることからユーザーからの支持も高く評判の良い暗号資産取引所です。
同社が提供しているサービスの一つbitbank MARKETSでは暗号資産の基礎知識、世界中の最新情報までトレーダーに役に立つ情報を提供していますので初心者の方でも知見を広めながらトレードしていくことができます。

取引するために必要なツールは使いやすく、ストレスを感じることもなくパソコン・スマートフォンを利用して本格的なトレードをすることが可能で取引チャンスを逃すことはありません。

現在、bitbankではレバレッジ取引は提供していません。

LINE BITMAX

国内大手通話アプリLINEが暗号資産事業やブロックチェーン関連事業を展開しているグループ会社のLVC株式会社運営で2018年LINE BITMAXという取引所を開始しました。

大きな特徴として、多くの方が普段利用しているLINEアプリから気軽に暗号資産取引を行うことができます。
「暗号資産貸出サービス(変動期間型と固定期間型の2種類)」「 業界最安値帯の手数料 」 なども魅力ですが、提供しているサービスは販売所形式のみで取引所形式で取引は提供されていません。

スマホアプリ専用の取引となりますが、難しい操作は必要ないので未経験の方でも売買しやすく普段からLINEを使っている方は簡単に口座開設することが可能なので興味のある方は開設を検討してみはいかがでしょうか。

※LINE BITMAXでは、レバレッジ取引を行うことはできません。

SBI VCトレード

国内ネット証券大手のSBIグループが運営している暗号資産交換業者がSBI VCトレード(2016設立)です。

セキュリティ面も安心で信頼性も高く、SBIグループで培ったノウハウを元に高性能取引システムを導入していてトレードしやすい環境を整えています。

住信SBIネット銀行との連携で出金手数料が無料となるのは良い点ですが、その他の金融機関を利用している方は145円かかるので出金手数料のメリットを享受することができません。

それほど気にすることではないと思いますが、暗号資産の取引は基本時間に関係なくいつでもトレードできるのですが、SBI VCトレードは取引時間午前7時~翌午前6時の間となっており1時間だけトレードできない時間帯があります。
総合的なサービス面では若干物足りなく感じますが、2021年12月1日にTaoTaoと合併したばかりなので今後の伸びしろに期待したいですね。

※レバレッジをかけた取引には非対応となります。

楽天ウォレット

国内大手のECサイトを運営する楽天が提供している暗号資産取引所が楽天ウォレットです。

大きな特徴としてお持ちの楽天ポイントを暗号資産に交換することが可能なことや、暗号資産を楽天キャッシュにチャージして利用することができることがあげられます。

最大レバレッジ2倍の証拠金取引も可能。
残念な点は、楽天キャッシュチャージによる出金手数料は無料なのですが銀行手数料が300円必要なのと、現状では取扱通貨が少なく販売所形式のみでスプレッドと呼ばれる手数料が割高なのがマイナス面となります。
以上のようなサービスであることを考慮すると特に普段から楽天グループを利用していて、楽天スーパーポイントを使い投資を行いたい方に向いています。

既に楽天銀行を利用しているのであれば、面倒な手続きも不要でスムーズに取引を始めることができるので暗号資産の取引を検討してみてはいかがでしょうか。

DeCurret

株式会社DeCurret(ディーカレット)は、株式会社インターネットイニシアティブの関連会社の暗号資産です。
メガバンクや誰もが聞いたことのある大手の企業が多数出資をしておりおすすめできる取引所です。

特徴として取引だけでなくデジタル通貨の活用を積極的にすすめており仮想通貨から各種電子マネーへのチャージが可能、国内で少ない暗号資産のマイニングを実施しているなど先進的な取り組みを行っています。

暗号資産の取引は、取引手数料はすべて0円、全ての暗号資産で業界一狭いスプレッドを提供している、ビットコインの自動積立サービス、堅牢な保管を実現しているなど良質なサービスを提供しています。

※入出金には手数料が必要になります。

DeCurretは国内の大手企業と協力しながらデジタル通貨のメインバンクを目指しているようなので要注目の取引所です。

BITPoint

2016年に設立されたBITPoint(ビットポイント)は株式会社リミックスポイントグループの暗号資産交換所です。

まだまだ知名度も低く取扱い通過も少なめですが、暗号資産を貸し出し貸借料を受け取るサービス(レンディングサービス)がある、現状ではトロンとエイダコイン、ジャスミーを取り扱っている仮想通過業者は国内でBITPointだけなことや、最大2倍のレバレッジ取引が可能なので少ない資金でトレードを始めることもできるので注目しておきたい暗号資産交換所です。

なお、BITPointでは現物取引、レバレッジ取引、FX取引の3種類の手数料が無料となっていますが、その分スプレッドが他社と比べてやや広めに設定されています。

取引所は、国内だけでもたくさんあります。
全ての取引所を紹介したわけではありませんが暗号資産の取引を考えている人は、しっかりチェックしておきましょう。

必要な許認可

暗号資産交換業者は国内でサービスを行うには金融庁・財務局への登録が必要となっています。
登録している業者かどうかは以下で確認することができます。

暗号資産交換業者一覧

投資家がよく使っている海外取引所

海外にも取引所はたくさんありますが、中でも以下で紹介する取引所は初心者でもはじめやすく人気があります。

Binance

1日の取引量が世界一。
Binance(バイナンス)は大手暗号資産取引所で国内の販売所と比べ物にならないほどアルトコインの取り扱い数が多く手数料も安いのが魅力です。
公式ホームページは日本語にも対応しているため気軽に利用することができます。

bybit

Bybit(バイビット)もアプリの完成度が高いうえ操作もしやすいことから日本人トレーダーに人気がある取引所の一つです。
日本語対応、取り扱い暗号資産も豊富、強力なサーバーでスムーズなトレードが可能なことから、これから海外の取引所を利用したいという初心者の方にも最適です。

海外の取引所では日本国内で取り扱っていない通貨の種類(草コイン)が多く、大きな値上がりを期待して売買するのに魅力的ですが取引にあたっては、草コインには全く価値のないものもあるのでリスクも理解したうえで慎重に行うようにしましょう。

取引所の比較まとめ

国内だけでも暗号資産を購入できる取引所が複数存在するため、比べていると、どこがいいのか悩んでしまう。そんな方は、今回紹介したおすすめの取引所を参考にして、暗号資産の取引をはじめてみましょう。

-投資で稼ぐ
-